過去問を解こう!

浪人生は全範囲を終えているため、苦手分野をなくすことはもちろん、早い時期から問題演習に取り組みましょう。

志望校の過去問を3年度分くらい解いてみましょう。合格最低点の8割以上を取ることができていればよいのですが、下回っている場合は志望校の再検討を行うことも考える必要があるかもしれません。

現役生であれば、今後の伸びに期待できますが、浪人生であれば、あまり伸びには期待できないためです。