二次試験対策

夏休みのうちに問題の傾向は必ず見ておきましょう。志望校の傾向を確認した後は、傾向に沿った問題集を準備して演習を行いましょう。

傾向を確認した後は、問題集として、または実力を確認する模擬テストとして使用しましょう。

実際に試験で出る問題は違うことが多いので、過去問ばかり解かなくてもよいです。

センター試験対策

センター試験は同じような問題を毎年出題しているため、いかに早く解くかが鍵になってきます。

そのためには、自分に合った解き方、解く順番をいかに定着させることができるかが大事です。

できるだけ多くの問題を解いたほうがいいため、過去問はもちろん、大手予備校から出版されている問題集も利用するのが良いです。

二次試験の対策で忙しい場合、センター試験の対策は試験1ヶ月前から行っても間に合います。その代わり、毎日センター試験全教科の問題を解くほどの演習量が必要になりますので夏休みから対策を行う方が無難です。