全科目・全範囲の基本事項を押さえよう!

最低限、夏休みが終わるまでに、全科目の全範囲を理解できているようにしましょう。

夏休み後は問題を解いてひたすら演習するのみ。

夏休み前まで、または夏休み中に全範囲が終わった場合は、苦手な分野を徹底的になくすことに集中しましょう。

苦手な分野をなくすためには、まずはその分野を理解しているかどうかを確かめることが大切です。

理解が十分になったら、その範囲の問題演習を行いましょう。

(この場合基礎的な問題から解き始め、解けないレベルに至ったら、そのレベルと同じくらいのレベルの問題を繰り返し解くのが良いです。できなかった問題の中から、同じ問題を解き直すことも大事なのでそちらも忘れずにしましょう。)

ただし、必ず毎日1時間ずつくらいは全受験科目に触れておくようにしましょう。

1日の中で何もしていない教科はないようにすることが大切です。